美川漢方堂の公式サイトのロゴ

症例:憩室炎

症例:憩室炎 34歳 女性

お客様の基本情報

K.Fさん

34歳、女性、主婦

ご相談内容

2017年9月頃、病院で憩室炎と診断され、腹痛がつらい。

症状がなかなか回復せず、きつい。

当店の提案

出店:https://minnakenko.jp/

憩室炎とは上記画像のように、腸の内側にくぼみができて腐敗物がたまり、炎症を起こすものです。

腸の内側にくぼみができるのは、うまく消化できない食べ物を食べているのが原因だと考えました。

お客様が最近何を食べたのか聞いてみると、牛乳を始めとする乳製品やパン食の傾向がみられました。

 

まず、牛乳にふくまれる乳糖という成分を日本人の8割は分解できないと言われているので、「乳糖不耐症」の可能性が高いと考え、乳製品を控えるようにアドバイス。

 

次に、小麦に含まれるグルテンが腸の粘膜を傷つけることもあるため、パン類、麺類の量を減らすようにアドバイスさせていただきました。

 

上記に加え、胃腸の調子を整えるサプリメントを飲んでいただきました。

結果

2018年12月、お客様が病院で診察を受けたところ、「憩室炎は見当たらず」との診断。

 

お客様のコメント

小さいころから、普通に食べてきた乳製品やパンが、腸を傷つけることがあるのを知らなかったので、アドバイスを聞いたときは目から鱗でした。

食養生を開始してから1週間ぐらいで、症状はおさまり、12月に病院で検査を受けて、「憩室がない」と診断されたので嬉しかったです。

  1. ニュース

    毎朝爽快DETNA(デトナ)のキャンペーンを開始します。
  2. ニュース

    毛細血管・血流観察装置を導入しました。
  3. 症例:皮膚のケア

    症例:乳児湿疹 0歳3ヶ月 男の子
  4. 症例:皮膚のケア

    症例:胸の痒みが酷い 20代 男性
  5. 症例:メタボリック・ダイエット

    症例:ダイエットに何度も失敗していた 38歳 女性 OL
PAGE TOP